Entries

追悼、、、inaさんへ

書かずにはいられないから書く。

今朝、メッセンジャーでJさんから「AJ会長の訃報」をにおわせるメッセージをいただいた。

inaさんがTIKI_1200(NZ1200)にチャレンジしてることは知ってたけど、まさか、、、

NZのクライストチャーチには、わたしの大学の大先輩であり、グライダー操縦の教官である公平さんが永住されてる。

早速メールをと入れて情報はないか聞く。

が、NZも広いからな、、、情報なし。

Jさんから引き続き、「こんな記事」が来た。

inaさんと最後にお会いしたのは、BRM304近畿400km枚方/白浜 の朝やった。

検車のとき、BOMAに乗っておられるのを見た。

「あれ!?今日はBOMAですか?」

「うん、今日はカーボン」

そうして、そのブルベではお会いすることなかった(わたしが遅いから)、、、

つい2週間前に、お会いした方が、、、まさか、、、

しかし、その「バラバラになった自転車」は悲しいかなダウンチューブはBOMAと読めそうやった。。。

KazuさんのTwitterの写真と見比べる、、、リアのキャリアバッグも同じようだ、、、

もう「ウソであって欲しい」と願っても、、、観念せざるをえなかった。。。

皆さんは、「AJ会長」というといかほどの方かご存知ないかも知れませんが、

AJ会長は、日本で開催されるブルベ(BRM)の「全権」をACPから委任されているのです。

つまり会長が「ダメ」って言ったら、「ダメ」になってしまうんです。

それほどの要職をボランティアでできる方が、日本にどれほど居るだろう。

「Inaさんのあとは、たいへんだ、、、だれも代わりはできないよ」

そんな意見も聞こえてくるほど、精力的にWebを更新し体制を作り日本のBRMを発展させようとしていた。

Flecheの認定証「日の丸」が入っていない、何とかしなきゃ、、、とACPに働きかけを行っていたに違いない。

そんなinaさんが、、、is dead、、、ウソだろ?

ココで、inaさんとわたしの出会いを書いておく。

2012年の中部600「Let's Go Tottori Sakyu Done!」やった。

inaさんと14さんとで、舞鶴チャーハンを食べに行った。

その後、わたしがパンクで離脱するまでご一緒した。

その時は、AJ会長ではなく、副会長!?やったかな?

14さんはその後中部のスタッフになり、わたしは名古屋のスタッフのお手伝いをしている。

inaさんがAJ会長になり、わたしは2015年のPBP1200に参戦した。

ヴェルサイユでも颯爽と走るinaさんをお見かけした。

そんなボクはPBP1200を失敗した。

1230kmの行程を90時間で駆け抜けなければならないところ、、、98時間もかかってしまった。

「認定外完走」と言えばかっこもつくが、inaさんはそれを、

「〇〇くんがPBPを失敗したのは、寝なかったからだよね~」 はっきり言うんだ、、、

「失敗した、、、失敗した、、、失敗した、、、」

ものごとは「本質」を受け入れない限り「反省」はない。。。

本当のことを言ってくれるは「親」以外では貴重である。

LONGRIDERSでAbさんも書いていたが、

わたしの知り合いの中で間違いなくinaさんは「成功者」であり、一、二を争う「凄い人」であった。

inaさんの凄くて尊敬できる点は「口先だけやない」ところだった。

日本で開催された1200kmを「実走」されていた。

世界のSR600を誰よりも多く走っていたのはinaさんやった。

もう、それだけで「尊敬」である。

しかし、inaさんのことを快く思っていない意見があることも知っていた。

それはまぁ、組織では良くあることで、組織の全員が支持するリーダーは存在しないだろう。

Inaさんからは、LynskyのSportiveを譲り受けた。。。残念ながらサイズが合わず、売ってしまったけど、、、

でもその「スピリットは受け継いだ」と、自負しておく。

2017年は思いのほか「枚方300」「名古屋200」「枚方400」でお会いできて嬉しかった、、、でももう会うことはできない。

「〇〇くん、元気!?」

いつもそうやって気に掛けてくれて、ボクは嬉しかったんだ。。。

そんなinaさんには、もう会うことはできない。

なんでや~!どうしてや~!という気持ちでいっぱいで、

しかもボク、もう50歳になるのに、涙がポロポロ出てくるんだよ、、、

「ボク遅いから、ちょっと先に行くね」って、ホントーに先に逝っちゃった、、、

心よりご冥福をお祈りします。

CIMG7548.jpg

2016BRM604静岡600km塩尻、、、本栖湖にて、、、


「inaさん、まだNZに居ますか?富士山は良く見えますか?」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

[C179] ・・・

・・・

1週間経とうとしていますが、言葉が出ませんでした

連続n週BRM600完走という記録も持っているようです。
自慢話だと思ったり、ズバズバ言う物言いに反発する人もいるでしょう。
でも単なる自慢話ではなく、後に続く者たちを考えていましたね
『若い人たちにはもっと世界に出て行って欲しい』
『お前ら俺よりも若いんだから、 (俺よりもできるはずだろ? 頑張れ!)』
身を持って高い壁となり、叱咤激励していましたね!

そのことを分かっている人たちなら、今週末のBRM中止なんて言い出さないと思うのですが・・・

2014.7.11深夜。嵐の中の美幌峠のトイレでは、
『Awardは走っていれば自然と付いてくるものだよ』
はい、そのとおりです。
しかし、名古屋200後に少し話した時には、何かあせっている、あわてているように感じました。

過去にはあと少しで1200完走でも無理ならDNFしたというし、
伝わってくる情報からはミスは考えられないですが、、、

合掌
  • 2017-03-20 23:04
  • Hg
  • URL
  • 編集

[C180] >Hgさん、、、

Hgさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
名古屋200では、inaさんとご一緒されていましたね。

NZのTIKI1200で何が起こったか詳しくはわかりませんが、
伝え聞くとこによると、
悪天候(恐らく霧ではないか?)のためDNFを決めて、
コントロールへ自走しているところ、大型トラックにはねられてしまったようです。
その「過去の1200」は「タスマニア1200km」のコトですね。
世界で最も過酷なブルベの一つと、inaさんはおっしゃってました。
余りに過酷な状況で、ご自身が周りに迷惑を掛けてしまうからと、あと数十キロ?でDNFしたと聞いています。
ボクらには見えない(気づかない)ものが見える、
大局的に物事を捉えることができるわたしの知る数少ない
方だったように思います。
一週間経っても、、、故人を偲ぶことばかりです。ではまた。
  • 2017-03-21 13:23
  • 風磨堂
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

風磨堂

Author:風磨堂
2011年10月からロードに乗る。
2012年からBRM(ブルべ)に出る。
NeilPryde Alize(2014)
Lynskey Sportive(2015)
ロングライドは、
一種のビョーキである。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR