Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2017BRM415近畿600km枚方(近畿一周(北))後半・・・

さて、夕食を食べてからが、600kmブルベの本領だ。

まず、ナイトランが始まるので、夜間装備に換装。

とは言え、ライトを点灯するだけ。

しかし、こっから90km、やく5時間も走らねば今日の寝床に辿りつけない><

ルートはコレ(その1その2

PC3のローソン香美町香住店(235.9km地点)には、18:02の到着やったから、Ave19.60km/hである。

ここからは、海岸線のUP-DNルートである。ソラツナグ400kmで2013年の秋に走っている。

K西さんたちは、城崎温泉へ寄っていくらしい。

わたしは、2016年の「名古屋300とみやま」で、湯冷めしてひどい目にあっていたのでパスした。

よって、たった一人でPC4の若狭本郷「猿橋家」へ向かうことになった。

先行するI上さんG夫人は、おみおくり~♪T T ←この二人は、異常に早かった。。。

追いついてきたS田さんも舞鶴泊って言ってたから、おみおくり~♪

気温が、どんどん下がってきて、、、やばいな~と思いつつ、、、ウォーマーとウィンドブレーカでしのぐ。

天橋立駅を通過するころ、ソラツナグではこの駅で10分くらい落ちてたなぁ~と思いだす。

そういえば、仮眠後すぐにあらわれたマクドナルドは、、、閉店してた。

あの時は24時間営業だったマクドナルドは、時代とともに23時閉店になっていた><

舞鶴港とれとれセンターを通過し、ローソン 舞鶴下福井店があったので小休止。

ホットコーヒーを飲んで一息つく。

食欲があれば、舞鶴ラーメンの「ラーメン一丁」さんでと横目で見ながら通過(笑)

今はもう、一刻も早くPCにたどり着きたい、、、それしか考えてなかった。

しかし、走れども走れども目印の「オダ近のぼり」は見えない。

もう、通り過ぎたんじゃないやろか!?と疑心暗鬼になりながらこぎ続ける。

時間はもう3時近い。。。

と、何本目かの「橋」を渡ると「オダ近のぼり」があった。

「ここかぁ~」と安堵の溜息をつき、PCの「猿橋家」へ入ると、

スタッフのY田さんがチェックをしてくれた。

374.8km地点に、21時間05分かかったから、Ave17.77km/hである。

畳の広間に寝床(スペース)を探し、間もなく「落ちた」・・・

目が覚めると、きっちり2時間ほど経っていて、MIZUROさんとK西さんの話し声が聞こえた。

30分も変わらず、到着されていて、仮眠を終えたところだったらしい。

CIMG6847.jpg
※PC4の若狭本郷「猿橋家」にて 立派なお屋敷で仮眠させていただきました m_ _m

CIMG6848.jpg
※間もなく日が昇ってくるはずだ。。。ここに来て、ようやく日本海を見た(笑)

CIMG6852.jpg
※MIZUROさん、K西さん、K山夫人と走ることに。

CIMG6857.jpg
※この後、このパックに乗ったことに後悔の涙を浮かべるのであった(笑)

CIMG6859.jpg
※鯖街道の市場を突き抜けろ!

こっから、高速ローテーションの一役を担わされ、

力尽きてPC5のサークルK敦賀山泉店(434.5km)へ到着したのは、08:26だった。Ave.16.43km/h。

リスタートしたのが05:30くらいだったから、約60kmを3時間、、、区間Ave20km/hである。

特に、MIZUROさんとK山夫人が先頭を引くと、、、5km/hは速度が上がるのだ><。

困ったもんだ、、、いや、揉んでいただき、ありがとうございました。

これ以上、ついていけないので、遅れて一人で走ることにした。

K西さんは、最後まで面倒見てくれようとしたけど、どうもありがとう。

CIMG6860.jpg
※賤ヶ岳隧道の旧道へ向かう途中の一本桜

ようやくマイペースでR8を南下し長浜市へ入った。

藤ヶ崎トンネルは、路肩を避け、一段上がった歩道を走った。

出口までもう数10メートルってとこで、後輪に降臨した、、、

「ガンガンガン」ってフレームに何かあたっとる。。。

パンクだなと思ったけど、、、「木ねじが差さっとった><」

木ねじは、ネジの本体にスクリュー加工がなされている。

空気は、そのおかげか、あまり漏れてないけど、、、木ねじも抜けない(笑)

ペンチかプライヤないかな、、、とは思うが、そんな工具持って走ってる自転車乗りはいない(笑)

仕方なく、空気をを抜いてみたが、、、無事木ねじは取れました。。。

何で歩道に「木ねじ」が落ちてるのか、イマイチわからないけど、、、パンクはやだなT T

パンク修理が終わって、しばらく走ると旧道を抜ける。

そうして湖畔道路に入る。

思うに、思ったより食べれてなかったせいもあるが、

消化の悪い「カップラーメン」より消化の良い「おうどん」が食べたかったようだ。

道の駅「湖北みずとりステーション」で、山菜うどんを食べると、少し元気が出た。

琵琶湖畔は、、、つらい、、、眠気との戦いやった。

それにサイクリストがいっぱいで、この違和感は著しくオレ氏を疎外した。

「この人、何でこんなに重装備で走ってるの?」

「何で反射ベストなんか着てるの?」

「何でこんなに疲労してるの?」

声は聞こえないが、、、目が語っていた(笑)

CIMG6865.jpg
※長浜城が見えてきた、、、彦根城は撮り損ねた(笑)

PC6のファミリーマート彦根彦富町店(502.8km)には、13:01にとうちゃこし、焼うどんを食べた。。。Ave16.21km/h。

極力コンビニ以外で飯を食べることを「ポリシ」としているが、あっさり捨てた(笑)

それほど、疲れていたんだと思う。

ここで膝をマッサージしている女子を見かけたが、男付きだったので声を掛けなかった。

アセボ峠を上り始める時、S田さんを見た気がしたが、途中であっさり抜いてった(笑)

CIMG6867.jpg
※最後の大ボス「アセボ峠」を越える。。。

和束へ入る手前の「近江グリーンロード」で、明らかに「殺意を持ったトラック」がぎりぎりを通過していった。。。

ロードバイクは、そんなに邪魔な存在なんだろうか、、、心に余裕がなさすぎるぜ、トラックドライバーさんよ。。。

和束へ向かって下り基調の川沿いの道を行くが、、、向かい風やった(笑)

それでも、いつもの「和束のローソン」を通過し、どんどん行き木津川へぶち当たり右折する。

PC7のローソン木津川山城店(580.4km地点)には、17:42のとうちゃこ。S田さんが居た。Ave16.25km/h。

「K西さんたちは?知らない?」と聞かれ、

「K西さんたちは、ボクより前やないかな!?」と適当答えた、、、S田さんは急いで出発されたが、

間もなくK西さんたちがPCにやってきた(笑)

S田さんに悪いことしたな~と思いながら、After Festivalである、、、つまり、後の祭り、、、駄洒落かっ!

こっから、やっぱりK西さんたちと走ることになり、、、MIZUROさんの強烈な引きに、、、

やっぱり後悔することになったのだ(笑)

夜の帳(とばり)が降りるころ、枚方市内に突入。。。バスとかクルマに気を付けながら走る。。。

ようやくゴールした。

604.2kmを37時間36分かかった。。。まぁ、自分としてはふつうである。Ave16.06km/h。

こうして、今年のSRを確定させ、倉敷1000の出走権利を手にしたのであった。 おしまい。

CIMG6870.jpg
※Finishの「ラポール枚方」はなかなか美しい建物やった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

風磨堂

Author:風磨堂
2011年10月からロードに乗る。
2012年からBRM(ブルべ)に出る。
NeilPryde Alize(2014)
Lynskey Sportive(2015)
ロングライドは、
一種のビョーキである。
2017年にMTBを始める。
GT Zasker(2014)
トレイルライドは、
一種のカイラクである。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。