FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

BRM121近畿200km伊勢(須賀利御太刀)・・・

1/10(水)の晩から熱が出て、翌日かかりつけの医者へ行ったら、
「インフルエンザのA型です」宣言があった。

会社へ連絡してから、一人でず~っと臥せってました。
それでも、法定の5日を待たず元気になるのだが、
5日間は外出してはいけないので、ず~っと家に居た。

そんな病み上がりの週末を挟んで、1/21(日)は、オダックス近畿さんの、
伊勢市駅スタートの200kmブルべだった。

8時スタートにエントリーしていたので、朝一の急行で十分間に合うので、
帰りの車の運転の憂鬱を秤にかけて、朝一輪行参加にした。

5時半過ぎの電車に乗り、7時10分くらいに伊勢市駅とうちゃこ。
改札を出ると、Flecheでご一緒する予定のM田さんが「支払い」のために居た。
M田さんは早い方だから、10分程度遅れてスタートしても全く問題ない。

輪行を解いて、準備をしていると、M地さんとO島さんがお見えになった。
知らない間に、Kita氏とかんちゃんも、そしてM船さんもお見えになった。
まんまさんが、M船さんに元気にあいさつしてたな。
1/24付けの「Massa's Channel」は、今回のブルべをネタにしているので、
参加された方や、興味がある方は、聞いてみた方がいいだろう。
インターネットラジオ(サイクリングPodcast)である。

装備チェックに並んでいるうちに、先に終わったM船さんは、
近江八幡でもご一緒された方々と出発されたようだ。
わたしは、FlecheのメンバーであるK名さんとトントンさんと走ることにしていたが、
Kitaさんとかんちゃんと「記念撮影」してから出発。
当所は5人で走っていたが、信号で分断された。

伊勢市駅スタートは初めてだが、能見峠へ向かう道は、途中から走ったことがある。
2014年だったかの松阪200km伊勢で、前日からの大雪で「藤坂峠」が通行止めになり、
代替路として「能見峠」を通ったのであった。

K名さんが先頭を引いてくれるので、トントンさん2番手で、最後尾で体力温存。
実際、病み上がりだったし、持久力は明らかに低下していた。

それでも信号が少なく、順調に走り、最初のフォトコントロールである「道行竈」に09:15とうちゃこ。
少し待って、リスタート。南伊勢町のリアス式海岸の半島のアップダウンを行く。
ここは、例の松阪200のとき「中島郵便局」から、葉書を投函して、通過チェックにした
現代のブルべ的には珍しい部類の思い出がある。

体力的には温存していたが、ギアがあまりないので積極的に立ちこぎを入れる。
まだまだ先は長いので無理はしない。

あまり抜かれた覚えがないので、結構いいペースで距離を重ねている。
大紀町錦のサークルKもスルーして、紀伊長島への峠を越えにかかる。
2016年だったかの松阪300風伝峠で、inaさんが途中で止まって「海の風景」を撮ってた記憶がある。
人は死ぬと、思い出の中で生きていくのだろうか。
ガ~っと下ってトンネル前を左折。
もう何回も走ってるルートで「アルファー橋」を目指す。
船が通過する高さを確保するためか、ループ橋で橋梁の設置高さを上げている。
「海野トンネル」を通すのは、R42(熊野街道)のトンネル群を避けるためと、
思っていたが、2013年の泉佐野600紀伊半島一周で、道の駅まんぼうへも行ってるから、
特に自転車通行止め、と言うわけではなさそう。

お昼に「道瀬(どうぜ)食堂」をあてにしていたが、スルー。
2番目のフォトコントロールを折り返して、PC1の「道の駅海山」で何か食べようと、
皆で決めていた。

タイトルにも付いているが、今回のメインは「須賀利町」へ行くというものだ。
こんなところ「ブルべでなければ、ぜったい来ない」ラインキングのTop10には入るだろう。

12:42に須賀利のバス停のフォトコントロールを撮影。
PC1の道の駅海山に、13:35くらいにとうちゃこ。

フォトコンからの折り返しで、Kita氏とかんちゃんとすれ違う。
その前のフォトコンへ行く途中で、FlecheのメンバーのO川さんと奇跡的にすれ違う。

道の駅では「マグロ丼」を食べた。14:03に、道の駅をリスタートしている。
道の駅を出ようというとき、かんちゃんとKitaさんがやってきた。
エールを交わして、出発。

あれっ!?もしかして向かい風!?
こっからしばらくボクが引いたが、
どうも向かい風っぽかった。

まぁ、無理せず引いた。
海岸線のUP-DNは、峠のような長さと勾配はないが、
地味~に足を削ってくる。

途中、大紀町錦のサークルKで補給する。
トイレ休憩を兼ねている。

M田さんは、誰か他の方とペースを合わせて走っているせいか、
ボクらが追いついて、追い抜いてしまった。
決して遅い訳じゃなく、あくまでペース走をされてる。

PC2のローソンのレシートが16:40。このまま走れば11時間は切れる想定。

能見峠への上りは、予想はしてたがきつかった。
PC2のローソンで、ウィンドブレーカーを着たが、
この峠が終わるまで待てば良かったな。

それでも皆頑張って、新能見トンネルへ突入していく。
ココからは「下り基調」だとわかっているから。
ライトを点灯し、若干のUP-DNを繰り返し、
それでもK名さんが頑張って良いペースで引いていく。

結局、10時間33分で完走した。
いつものように、ブルべカードを提出し、
メダルとバッジを購入し、宇治山田駅から輪行する。

輪行の良いところは、帰りの車を運転しなくていい。
と、言うことだ。あ~疲れた。おしまい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

風磨堂

Author:風磨堂
2011年10月からロードに乗る。
2012年からBRM(ブルべ)に出る。
NeilPryde Alize(2014)
Lynskey Sportive(2015)
ロングライドは、
一種のビョーキである。
2017年にMTBを始める。
GT Zasker(2014)
トレイルライドは、
一種のカイラクである。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。