Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

T度峡MTBライド・・・

久しぶりに、T度のお山へ行きました。
西風ビュービューなので、T度峡Pまでトランポ。
途中で「水」買わないとな、と、思いつつ、自販機の前で、
クルマが停められず、まぁ良いか。
時刻は10時過ぎだし、サクッと上がってサクッと降りよう。

とは言え、ルート探索も兼ねてるので、お一人様をいいことにいろいろ脱線。
まず、S音の森を10時過ぎに上がり始める。
途中「I黒尾根」の合流点を確認しながら、
西谷川へ降りられそうな分岐も確認。
中盤のきつい勾配部分を上ると、橋に積雪。
そこから、淡々と上り、I黒尾根への分岐。
しばらく通り過ぎ、30番鉄塔への分岐点を確認。
ココで、MTBerさん2人と、トレランの方1人がいて談笑してた。
お3人さんが下りて行ったので、わたしも「I黒尾根」へ向かう。
MTBerさんたちは、ココを降りてったのかな?と思いながら、
わたしも少し上って下りに備える。
ココは意外に走りやすかった。理由は、エビスみたいにガレてない。
しかし、エビスが2.5kmの下りだとすると、ココは1.0kmくらいしかない。
下りきれば、瀬音の森に合流するが、、、また、漕いで山頂方面へ行かねばならない。
途中「海が見える展望台」でお昼にしたが、途中で一人抜いたハイカーさんが居て、
(わたしは、I黒尾根を下って、S音の森を上りなおしてるから)
お昼の準備にかかっていた。
ウィンドスクリーンで防風してたから、慣れてる方でした。
風が強かったので、パンを食べるにとどめ、すぐにエビスを目指す。
途中、溶けかけの雪が残っていたので、冷えれば凍結するな。

エビスの入り口も、若干雪が残っていたが、下れないわけじゃない。
よって、突入。
「I黒尾根」を下っているからか、「エビス」もどんどん下れる。
今までで一番乗車して下れてる。
ただ、「下げ馬」と「転落ポイント」は、あきらめて最初から迂回。

エビスも6回目くらいだから、大分慣れてきたのな。
そんな訳で、ドロドロになった自転車を、側溝の流水で洗い帰還。

そういえば、走り出して数キロでアウターに入らんくなって、
仕方なく夕方にニコーさんへ持っていく。
BB下にFDのワイヤリングがなされているが、
どうも、そのさや管のところで錆びついていみたい。

そんな感じで、練習すれば、きっと下れる。と言う教訓を得た。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

風磨堂

Author:風磨堂
2011年10月からロードに乗る。
2012年からBRM(ブルべ)に出る。
NeilPryde Alize(2014)
Lynskey Sportive(2015)
ロングライドは、
一種のビョーキである。
2017年にMTBを始める。
GT Zasker(2014)
トレイルライドは、
一種のカイラクである。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。